>>ウォンバットのなかまたち「セレクト集/動物園別」卓上ケースカレンダー(4月始まり)

日本の動物園 ウォンバットのなかまたち

ショップトップへ

  • ウォンバットのなかまたち「セレクト集/動物園別」卓上ケースカレンダー(4月始まり)

ウォンバットのなかまたち「セレクト集/動物園別」卓上ケースカレンダー(4月始まり)

NEW

1,512円(税込)

本体価格:1,400円

ウォンバットのなかまたちを
各動物園ごとにセレクトし
カレンダーにしました。
みんなちがって、みんなかわいい!

詳細情報

サイズ

W175mm×H98mm ※透明ケース付(ケースサイズ:W183mm×H103mm)

色数

片面フルカラー

仕様

卓上型ケースカレンダー/13枚(表紙+カレンダー12枚)+プラスチックケース

写真

固定の商品です

カレンダー期間

2017年4月〜2018年3月

ウォンバットのなかまたちを紹介するね!
チューバッカ クランプ
チューバッカは1986年9月4日、オーストラリアのタロンガ動物園から東京都の多摩動物公園に入園しました。2014年11月8日に29歳で亡くなりましたが、いまでも多くの方から愛され続けています。 クランプも1986年9月タロンガ動物園から多摩動物公園に入園、その後1997年にドイツのハノーファー動物園へ、そして12年を経てまた多摩動物公園にて飼育されました。
※現在、多摩動物公園ではウォンバットは飼育されていません。
ヒロキ
ヒロキは、1987年 3月 12日にオーストラリアのメルボルン動物園から横浜市の金沢動物園に入園しました。2015年8月24日、推定29歳、国内で飼育されたウォンバットの中では最高齢で亡くなりましたが、亡くなった後でも多くの方から愛され続けています。
※現在、金沢動物園ではウォンバットは飼育されていません。
スミレ モモコ
1991年生まれのスミレと1992年生まれのモモコ。2頭はオーストラリアのタロンガ動物園から贈られ長野市の茶臼山動物園に入園しました。 今日も二人、仲良く元気にがんばる姿を見に、多くのファンが訪れています。
ウォレス
ウォレスは1996年生まれのオスのウォンバット。土管のトンネルで寝る姿が人気です。2003年にオーストラリアのタロンガ動物園から名古屋市の東山動植物園に入園しました。今日もたくさんのファンがウォレスに会いにきてくれています。
ワイン ワンダー フク
友好都市のオーストラリア・ローンセストン市から大阪・池田市の五月山動物園に贈られたワインとワンダーはとっても仲良しの夫婦。今日も一緒に遊 んでいます。 また、若いオスのフクもがんばってますよ、ただいま、お嫁さんを募集中!
ゴロ
小さなオーストラリア=北九州市ひびき動物ワールドでは5頭のウォンバットが暮らしていました。ここではその中のゴロを紹介しています。ゴロは1992年~93年にオーストラリアのタロンガ動物園から寄贈された5頭のうちの一頭でたいへん人気者になりました。2015年5月8日に24歳で亡くなりました。
※現在、ひびき動物ワールドではウォンバットは飼育されていません。
各動物園のセレクト写真はこんな感じだよ!
  • 動物園セレクト

数量 

気になる物に登録する